平成29年度 農家民宿きくのや 棚田オーナー制について

当オーナー制度の目的は、農作業体験を通して自然の厳しさ、楽しさ、やさしさを、家族やグループで

共感してもらうことを、第一の目的にします

越後湯沢で米を作り続けて36年、きくのや三代目が親切丁寧にご指導いたします。

農産物の生産の現場で、つらいこと、楽しいこと、何か感じてもらえればと思い、企画しました。

 

      オーナー会員の申し込み

応募資格

 

自然が好き、里山が好きな方ならどなたでも。個人、家族、団体を問いません

募集組数

 10組〜15組

3,000uになり次第締め切り(一口およそ100u=30坪)

年会費

一組一口¥30,000
   二口¥55,000
   三口¥85,000
   四口¥110,000
   

申込期限

 

随時〜募集組数に達するまで

申し込み方法

 

【申込書ダウンロード】

その他

● 契約期間は5月〜10月まで、6か月間とします。ただし、更新は可能です。

● 一組、一口からの申し込みとなります  

● 土地の賃借権については発生しません。あくまで共同作業で体験が目的です

 

 

特典

@   棚田での田植え、稲刈り体験ができます

 

A   区画にオーナーの名札が立ちます。

 

B   一組一口につき白米27kgの南魚沼産こしひかりを、オーナーのもとへお送りいたします。
   二口の場合、白米54sになります

C   玄米で受け取り希望の場合30sでの発送になります。

        (よほどの天災がない限り、収量は保障します。)

D   7月下旬から、トマトやナス、オクラ、トウモロコシ、パプリカ、ジャガイモ、里芋など数種類の野菜

の収穫体験も楽しめます。収穫した野菜はお土産としてお持ち帰りいただけます。

 

E   棚田オーナーは5月〜10月までの体験期間、ご宿泊はきくのやにオーナー価格でお泊りいただけます。
(ただしイベントや合宿等、貸し切りの期間は、ご宿泊できませんのでご注意ください )

コメ作り体験作業は、田植えから稲の刈り取りまでで年間数回を予定しています。
一回の作業は、2〜3時間位の予定ですので、日帰りも可能です

F   体験の場合の宿泊料金

大人   ¥9,870

小学生  ¥8,640

幼児   ¥7,560

上記料金には1
の宿泊と夕食、朝食が含まれています。消費税込みの料金です。
お食事は和食中心の大皿料理になります。

G   オーナーだからと言って、作業は強制ではありません。

作業に一度も参加されなくても、一口当たりコシヒカリ白米27sは保障します

 

作業スケジュール

  

作業内容

4月  中旬、浸種(種もみを水につけて吸水させます)
下旬播種(種まき)

5月

GW明けてから、トラクターで田んぼを耕すことから春作業は始まります。

 

下旬、25日過ぎから田植え作業開始予定

田植えと同時に、水の管理が始まります。水の管理は、稲の刈り取り直前まで続きます。

補植作業 (田植え機で植えた後、欠株のところを手で植える)

6月

第1回、畔の草刈り

田植え後、苗の活着を確認したら除草剤散布。

基本的に除草剤は1回のみ使用

 

除草機転がす

7月

第2回、畔の草刈り

稲の生育状態により追肥散布

 

1回目の穂肥散布。

8月

第3回、畔の草刈り

2回目の穂肥散布

 

 

9月

 

第4回、畔の草刈り

 

 

 

25日過ぎから稲刈り開始、乾燥機にて玄米の水分15,0%に仕上げる

今回は、天日干しは計画していませんが要相談可。
刈り取り体験後、コンバインで脱穀を予定

10月

精米後、発送予定

 平成28年度棚田オーナー
中澤様ご家族の体験の記録

   
 平成28年5月2日(月)  午前→ キクノヤ所有の杉林で森林体験、のこぎりで枝打ち作業を体験
午後→ ジャガイモの植え付け体験
 平成28年5月3日(火)  午前→ 源流体験
 平成28年6月12日(日)  午前→ 田植え体験
午後→ 源流体験
 平成28年7月29日(金) 午後→大源太川で魚とりヤマメ、カジカ、アユなどを採集 
 平成28年7月30日(土) 午前→大源太川で魚とり 
 平成28年7月31日(日) 午前→ジャガイモ堀、収穫体験 
 平成28年8月20日(土) トンボとり、魚とり 
 平成28年9月17日(土) イワナの源流釣り体験
 平成28年10月15日(土)  AM11:00〜PM2:30稲刈り体験